本文へスキップ
一つを憶えればあらゆる救命ができる!体験型統合救命教育を世界中に提供する TACMEDA(タックメダ)

コース予定表schedule

4月27日(土)~29日(月)札幌でTACMED連結コース開催!
5月 4日(土)~ 6日(月)宮崎でTACMED連結コース開催!
5月 4日(土)   5日(日)福岡でTACMED Basicコース開催!
7月13日(土)~15日(月)新潟でTACMED連結コース初開催!
8月10日(土)~12日(月)京都でTACMED連結コース開催!
9月14日(土)~16日(月)京都でTACMED連結コース開催!
9月21日(土)~23日(月)仙台でTACMED連結コース開催!
10月12日(土)~14日(月)宮崎でTACMED連結コース開催!
11月 2日(土)~ 4日(月)札幌でTACMED連結コース開催!

2月から福岡で救命止血法総合講習を毎月開催!
「Combat Life Saver Domesticコース」
2月24日(日)福岡CLS Basicコース
3月24日(日)福岡CLS Advancedコース
  年明け早々、原宿では放火を企図した自動車テロが発生しました。
昨年末には札幌で大規模爆発事故
1月3日には熊本県を震源とするM5.0、和水町で震度6弱の地震が発生しました
最近の地震の60~70%は未知の断層による地震です
まさに、いつ何が起こるか予想もつかない時代になりました
時代の変化についていけない人は生き残ることができません
 危機に瀕した際に生き残ることができるか否かは
以下の積算「意識×知識×技術」で決まります

普段から意識していなければ、備えることをしない、いざ発生した時に対処できない
知識が無ければ、どのように生き残るのか方法がわからない
技術が無ければ、行動できない

意識、知識、技術はどれか1つが0だと全部が0になります
全部できていないと生き残れません
危機に瀕した際に何も知らない、何もしていない人の生き残る確率は0ですが
意識×知識×技術があれば、その分、生き残る確率があがります
これが自分の身は自分で守ることの意味です
自分が安全を確保する方法を知っていれば、
状況が危険である間に救護の手を差し伸べることができます
安全になるまで待ってから行動するよりも遥かに多くの人の命を救うことができます これらについて、TACMEDAでは世界で最も効率的に学ぶことができます
一つを憶えればあらゆる救命ができる体験型統合救命教育
国内唯一の、誰でも受講できる本格的救命手当講習
国内唯一の、医療従事者のためのフルカバー救命&リーダーシップ体験講習
以下の状況をフルカバー!
一つを憶えればあらゆる救命ができる!
症例:非外傷性心肺機能停止から銃創、爆傷、刃物による致命傷まで
環境:危険からの生き残り方、現場から院内急変まで、国内から世界の最貧国まで 原因:急病、交通事故からCBRNeまで
非外傷性心肺機能停止、外傷、熱中症の3種救命教育を統合しあらゆる場面に応用 習得率75~90%の即効かつ実効的教育メソッド
受講後2年間、講習費無料で何度でも再受講できる!
再受講では復習だけではなく、最新の情報を得て最新の技術にアップデート出来る!
誰もが出来ることこそ多くの命を救う!最先端の救命手当
医療専門技術で極限状況の命を繋ぐ!究極の災害医療
国際標準の体験型統合救命教育コースが、 駆け付け警護等の海外での救護活動、
東京オリンピックにおける外国人への救護において、貴方の生命と人生を守ります。 自然災害、テロ、戦争、CBRNe、弾道ミサイル
いかなる大量傷病者が発生した場合でも、最大多数の最大救命を 実現させるための有事の医療的戦術”tactics”について学べます

自衛隊南スーダン派遣隊の「駆け付け警護」等新任務開始に伴う
国内テロ頻発が危惧されているように、
情勢柄、受講予約が早期に埋まりがちです。早めのお申込み、受講確定をお薦めします。


TACMEDA(タックメダ)コース予定は毎週日曜日夜に更新します。
学割や国際認定等お問い合わせの多い事項についてQ&Aを
設置しました。
Q&Aはこちら

NeW!沖縄開催スケジュールは独立しておりページ最後にあります
沖縄コースの日程と申し込みフォームも別個です。
沖縄 TacMedコースはこちら
沖縄 CLSコースはこちら

NeW! 学生割引について
学校教育法第一条に定める学校の学生
中学校、高等学校、大学などが対象です。
受講の際は、学生証または通学定期券をご提示ください。
自衛官などの公務員の入校については、人事発令通知が発行される入校が対象となります。
受講の際は、会場において学生証または通学定期券、人事発令通知の写しなどの
証明証等をご提示ください。
会場で現金によるキャッシュバックを致します。

各コースは東京本部にてほぼ毎週末開催しております。

各コースの予定は、下記リンクからご確認ください。
TacMedコース
地方開催

CLSコース
致命的外傷総合対応コース
救命用止血帯コース
圧迫止血用包帯コース
PUSHコース

「TacMed Essentials」アジア国際コース
救命止血法総合講習
致命的外傷総合対応コース
「救命用止血帯コース」
「圧迫止血用包帯コース」
「PUSHコース」

各コース再受講のお申し込みはこちらから

各種コースは出張講習を承っております。
臨時講習、出張サービスのお申し込みはこちらから

各種物品の購入も可能です。
教材・消耗品(包帯、止血帯等)のご注文はこちらから
教材・消耗品(ポーチ、バッグ類)のご注文はこちらから
教材・消耗品(その他)のご注文はこちらから
教材・消耗品(担架等)のご注文はこちらから

NeW!
全国展開推進中
<TACMEDA本部>
東京都千代田区会場:
〒102-0082 東京都千代田区一番町4番地大石ビル2階2-A
最寄り駅:東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅から徒歩4分
東京メトロ有楽町線 麹町駅から徒歩8分
JR中央線 市ヶ谷駅から徒歩15分

<中部本部>
主活動地域:富士川から四国を含めた関門海峡まで
〒761 - 0113 香川県 高松市
屋島西町1836-1
株式会社ハートナーシング高松
・訪問看護ステーション あした

<北海道会場 常設展示場>
〒065-0017
北海道札幌市東区北17条東1丁目1-18 FLHQ(Fast & Lite Headquarters) 2F
最寄り駅:地下鉄南北線北18条駅

<九州支部>
〒811-4213
福岡県遠賀群岡垣町糠塚榎坂
1371-1
VERTUAL MOUT LABORATORY KITAKYUSYU

<沖縄インターナショナルトレーニングサイト コース開催予定>
沖縄県那覇市


<TACMEDA北海道トレーニングセンター>
北海道安平町 新千歳空港より車で10分 ノーザンホースパーク近傍

<シナリオトレーニング会場>
〒260-0025 千葉県千葉市中央区問屋町1番35号
千葉ポートスクエア4階 シューティングスポーツ施設 AIRSOFT ZONE DELTA

※インストラクター希望者募集中
実技試験・筆記試験は大変厳しいですが
誰でもインストラクターになれます

※海外派遣インストラクター希望者募集中
活動期間5日間~3週間
渡航費宿泊費支給

※ Medical Director募集中
医療面のコース内容の管理
指導、教育、教科書の執筆をして下さる医師を募集しています。

各教育コースに関する資料請求フォームhttps://business.form-mailer.jp/fms/958a6f8051590


講習会で使用する教科書

 
↑クリックすると
購入フォームに飛びます
 銃創・爆傷・刃物による致命傷から非外傷性心停止まで、救命手当について総合的に学べる入門書として最適です。
海外での小学校で使用されている救命手当の教科書を参考に、怖い、難しいといった印象を与えない表紙となっています。本文でも、実物の外傷写真は使用しておらず、模型を用いたり手足が切断される凄惨な外傷は壊れたぬいぐるみの絵を用いるなどの工夫がなされています。
見た目は優しいものの、世界最新の知見に基づく救命技術や考え方を集約した一冊です。豊富なイラストと写真により、世界中で役立てることができ、読み進めていくうちに救命率をアップできる、人生を変える内容となっています。
ITLS (International Trauma Life Support) のメンバーがテロ対策のために立ち上げたTactical Medicine ESSENTIALSの教育プログラム、世界的なビッグデータの科学的分析、経験則などに基づいた世界最高レベルの実効的なテキストです。
Basicコースレベルではこの教科書で充分です
TACMEDAが開催するコースすべてにおいて、このテキストが付属します。
受講前に購入して予習している方は、当日会場にてテキスト代金をキャッシュバックいたします。
 
↑クリックすると
購入フォームに飛びます
 警視庁翻訳協力による日本初の戦闘外傷救護・治療に関する総合的教科書です。しかし、2012年に著された本なので、内容について上記「イラストでまなぶ!戦闘外傷救護」によって補完する必要があります。
「事態対処医療」とは「戦闘に関わる医療」のことです。この教科書により、テロや戦争における戦闘により起因する銃創や爆傷等の救護・治療について、銃撃戦や爆発の危険がある環境で、かつ医療資源が制約を受けている地域で、多くの負傷者の最大救命をいかに実現すべきかについて学ぶことができます。
本教科書が、購入された皆様の「事態対処医療」の理解への扉となり、さらに日本国での事態対処医療の実践、発展の一助となるものと信じています。
医療従事者は備えておきたい一冊です
(講習会申込者は「事態対処医療 Tactical Medicine Essentials」を
特別割引で購入出来ます。)

copyright©2015 TACMEDA all rights reserved.

一般社団法人 TACMEDA 協議会

<本部事務所>
〒102-0082
東京都千代田区一番町4番地
大石ビル2階2-A
<中部本部>
中部:富士川から四国を含めた
関門海峡まで
761 - 0113 香川県 高松市
屋島西町1836-1
株式会社ハートナーシング高松
・訪問看護ステーション あした
<北海道常設会場> 〒065-0017
北海道札幌市東区北17条東1丁目1-18 FLHQ(Fast & Lite Headquarters) 2F
<九州支部> 〒811-4213
福岡県遠賀群岡垣町糠塚榎坂
1371-1
VERTUAL MOUT LABORATORY KITAKYUSYU
<沖縄インターナショナルトレーニングサイト>
〒900-0004
沖縄県那覇市銘苅2丁目3-1 なは市民協働プラザ2階

※ 支部開設希望者募集中

※ インストラクター希望者募集中
実技試験・筆記試験は大変厳しいですが
誰でもインストラクターになれます

※ 海外派遣インストラクター希望者募集中
活動期間5日間~3週間
渡航費宿泊費支給

※ Medical Director募集中
医療面のコース内容の管理
指導、教育、教科書の執筆をして下さる医師を募集しています

 顧問弁護士 別所司
RJ総合法律事務所
第一東京弁護士会所属
登録番号 34186

電話(代表) :03-5215-1633
FAX:03-5215-1634
お問い合わせは
info@tacmeda.com
tacmeda@gmail.com

寄付受用郵便局振込口座
00130-5-603204
一般社団法人TACMEDA協議会

LINE@始めました
各コースの開催予定や世界で最も実効的な救護・救命についての最新情報を提供していきます。友達登録お願いします
お得なクーポンも発行中です

友だち追加



最新のコーススケジュール
テロ・防衛に関する
最新情報を配信中