警察官・自衛官・海上保安官・警備員の皆様へ

 2016年3月から日本国は「ハイブリッド戦争の時代」になりました。

備えは万全でしょうか?

TACMEDAは世界最高レベルの戦闘外傷救護教育を提供します。

 1 明日にも迫る危機

  2016年3月29日、防衛関連法制施行以来、日本国はハイブリッド戦争の時代に入りました。

  ハイブリッド戦争とは、昨年11月にフランスで発生したパリ同時多発テロ事件のように、国外で戦闘を行えば、その報復として国内でのテロ事件が頻発する事態です。

  日本国も防衛関連法制が施行されて以来、集団的自衛権の行使に関わらざるを得ない状態になります。海外で戦闘を行うことが避けられなくなり、それに伴い、国内でテロが発生する頻度も増していきます。
さらに、2020年の東京オリンピックを控えた今、TACMEDAは、明日にでも直面するかもしれない事態に即応するための、現場で活動する
警察官・自衛官・警備員の皆様を対象とした戦闘外傷救護教育コースを、ほぼ毎週末開催しています。

教育コースに関する資料請求はこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/958a6f8051590

テロ・ミサイル・核爆発・サリン事態対処医療国際講習
  TacMed ESSENTIALS」アジア国際コース
の受講お申し込みはこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/c6e6b13f51384

 

 2 今こそ国際レベルの戦闘外傷救護・初療教育を

 これからの日本はテロの標的国になりうる要素は備わっているものとして対策を行なうべき時代です。テロ対策には警備や防護の強が目立ちますが、自由意志を持つ者の攻撃を完全に防ぐことは難しいものです。戦闘外傷を負った時に対する備えも重要です。

しかし、日本は幸いにして平和であるために銃創や爆傷の症例は少なく、また現場における対応や救護についてもノウハウの蓄積に乏しいものがあります。

そこで、TACMEDADは国際標準の教育プログラムを提供することで、こうした日本の不利を補うことを提案します。

教育コースに関する資料請求はこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/958a6f8051590

テロ・ミサイル・核爆発・サリン事態対処医療国際講習
  TacMed ESSENTIALS」アジア国際コース
の受講お申し込みはこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/c6e6b13f51384

 

3 TACMEDAが提供する教育プログラムが警察官・自衛官・警備員の皆様にもたらすもの

  危機に直面する職業の方必須の救護能力SABACA(サバカ)の習得

 銃創や爆傷は3分以内※に手当をしなければ出血死してしまうこともあるほど、対応時間が短いものですから、

受傷した本人自身による救護Self-Aid、現場の警察官・自衛官・警備員の皆様相互による救護Buddy-Aidが生死を分けます。
また、テロに巻き込まれた現場の市民に最初に救護を提供すること、Civilian-Aid
警察官・自衛官・警備員の皆様の重要な役割です。
※ 大腿動脈、大腿静脈が完全離断した場合、死亡までわずか3分

  必要なものが揃う

   教育で用いる個人用教材「EM Elementary Module」は、個人用携行救急セットとして必須のものを厳選して構成、
その使用法についてノウハウはもちろん、応用するための発想力まで習得できるので
「これが自分の命を救ってくれるものだ」という手ごたえを感じられるようになります。

  必要な考え方が身につく

止血帯を締める、包帯を巻くことのみが戦闘外傷救護ではありません。予防に勝る治

療なしという防護方法、自由意思による積極的な危険からの安全確保方法等、外傷予防

  から多数負傷者の最大救命に至るまでの考え方も身につきます。

  国際的対応力が備わる

TACMEDAが提供する教育内容は国際標準の最新のものですから、国際イベントにも対応で

きますし、海外から随伴してくる医療チームとの連携にも大いに役立ちます。

用語も国際的に使われるものを懇切丁寧に解説して教育しますので、国際的な意思疎通にも大いに役立ちます。

  誰でも習得できる効果的な内容

   受講において資格や経験を問いません。丁寧な教育と優れた教材で解りやすく教育

   します。戦闘外傷救護について求めて学ぼうとする人には誰にでもわかりやすく効果のある内容です。

  充実のアフターサービス

教育修了時には英文の修了証を交付します。その裏面には学習内容認定証が認定され学習した内容が詳細に書かれています。

それぞれの教育内容の不足分の補完や更新等、きめ細かで充実のアフターサービスを提供します。

 

上記①~⑥の内容により、TACMEDAが提供する教育によって、受講された警察官・自衛官・警備員の皆様の信頼感が増し、
費用以上のメリットを呼び込むことを確約できます。

  

教育コースに関する資料請求はこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/958a6f8051590

テロ・ミサイル・核爆発・サリン事態対処医療国際講習
  TacMed ESSENTIALS」アジア国際コース
の受講お申し込みはこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/c6e6b13f51384

 4 TACMEDAが提供する教育プログラム

致命的外傷総合対応コース

警備員のような現場で活動する人を対象とした、明日にでも直面するかもしれない事態に即応するための
1日間の戦闘外傷救護基礎コースです。毎週末開催しています。

    1 今すぐ必要な知識と技術を学べる即効性コース

    2 誰でも参加できる。

     受講において資格や経験を問いません。丁寧な教育と優れた教材で解りやすく教育します。

    3 必要な物が揃う。

     受講者個人が使用する教材「EM Elementary Module」は、個人用携行品として必須のものを厳選して構成、
その使用法についてノウハウはもちろん、応用するための発想力まで習得できます。

  TacMed ESSENTIALS」アジア国際コース

医療従事者や高度な医療訓練を受けた警察官、自衛官向けの

アメリカ救急医学会認定コース(2日間)です。

 

 各教育コースに関する資料請求はこちらのフォームから

https://business.form-mailer.jp/fms/958a6f8051590

 

 5 臨時講習 出張サービス承ります

臨時講習について
 平日であれば、お客様の希望される日時に、東京都千代田区会場にて、臨時講習を開催できます。
最少開催人数は3名以上から。
 官公庁、警備会社、学校等への出張講習等も手がけております、資格のあるインストラクターとスタッフをアジア圏内なら何処でも派遣致します。
「臨時講習」「出張サービス」申し込みフォーム

https://business.form-mailer.jp/fms/286f732856803

お問い合わせ 03-5215-1633
FAX: 03-5215-1634

info@tacmeda.com
tacmeda@gmail.com (予備)